風邪の予防は朝食

風邪の予防は朝食をとることが大切!?

風邪の予防は朝食をとることが大切だと
思うのです。

 

 

若い頃は少々生活習慣が乱れていても、
すぐに体調に影響することはありませんでした。

 

 

でも30代を過ぎると、いくら見かけは若
くても体の中まで若くいられません。

 

 

かくいう私も歳を重ねるごとに風邪を
ひきやすくなっています。

 

 

風邪を引くということは、免疫力が
低下しているということです。

 

 

免疫力は不摂生なことをしていると
すぐに下がります。

 

 

そこで私は免疫力を上げるために
必ずやっていることがあります。

 

 

一つ目は、朝食を必ずとること。

 

 

でも私は朝が苦手で、しかもバタバタして
いてなかなか食べる暇がありません。

 

 

しかしそんな言い訳をずっと続けていると、
いつまで経っても免疫力は上がりません。

 

 

私は朝食をとるために少し早起きする
努力をすることにしました。

 

 

朝食にはバナナとヨーグルト、
そして豆乳を飲みます。

 

 

バナナと大豆の組み合わせは免疫力に
とても貢献する食材です。

 

 

バナナは消化も良いので
胃もたれもしません。

 

 

このメニューなら直ぐに
用意できてお手軽です。

 

 

朝食をとるようになって、体調は
以前と比べ物にならないくらい
良くなりました。

 

 

風邪もほとんど引かなくなり、
朝食の力をしみじみと感じています。

 

 

疲れやストレスをためず免疫力をあげる食事と手洗いうがい

 

子供がいると特に冬は毎年風邪を
ひかないようにする工夫が必要なので
学校と家に帰ってからの手洗いうがいは
徹底させています。

 

 

それだけでは風邪を予防することは
できないので免疫力を上げ栄養がある食事を
食べるようにすること。

 

 

疲れやストレスを体にため込んで
しまわないようにしています。

 

 

免疫力を上がる食事としてほぼ毎日体の
エネルギーになるようにお肉料理を食べたり
野菜もたくさん食べられるようにお鍋料理を
頻繁に作ったり蒸し野菜にしてお肉と野菜が
たくさん食べられるようにしています。

 

 

そのほかにも体にいいと言われている根菜や
海藻類で料理を作ることも多いです。

 

 

しっかりと栄養がある食事をするだけで
免疫力も上がり風邪をひいても悪化しにくくなるので
毎日の食事は家族の健康のためにもできるだけ
身体によいものをたくさん作るようにしています。

 

 

そして寝不足では体の疲れがいつまでも
取れず風邪もひきやすくなるので疲れていたり
少し風邪気味な時はできるだけ睡眠時間を
多くとって体力を回復させるようにしています。