風邪予防の対策

風邪予防の対策

風邪予防の対策を解説しています。

 

 

やはり一番の風邪予防はマスクです。

 

 

私の職場は100以上もいますので、
風邪やインフルエンザの季節になると
休む人が増えます。

 

 

そんな中でも風邪をひいているにもかかわらず、
マスクをつけずに咳をしたりする方もいます。

 

 

まだ自分が風邪をひいていない場合でも、
移らないためにはマスクが欠かせません。

 

 

毎日マスクをつけて過ごしていれば、
職場で風邪をもらってしまうことは、
ほとんどありません。

 

 

しかし、家では子供たちが風邪をひくので、
家の中でも気を付けています。

 

 

誰かが熱を出したり、咳をし始めたときには、
絶対に同じものを口にしません。

 

 

普段は子供が残したものを食べたり、
半分こしたりしています。

 

 

風邪の症状が出たときには、風邪を
ひいた家族が口を付けたものは、使ったら
すぐに洗うようにしています。

 

 

少しかわいそうな扱いにも思いますが、
仕事の休みも限られているため、
できるだけ移らないように気を付けています。

 

 

1つおすすめできないことは、早めに
風邪薬を飲むことです。

 

 

症状が軽いうちに市販の風邪薬で
抑えようとしたところ、ひどくもならないが
、いつまでも治らないという状況が
2〜3週間続きました。

 

 

薬の効き目は個人差がありますので、
私だけかもしれませんが、それ以降は
発熱するまで市販の風邪薬を
飲まないようにしています。

 

風邪のひき初めに焼きミカン!?

 

のどが痛い、鼻が詰まって息がしづらい。

 

風邪は、ひき始めが肝心。

 

 

軽い症状を放っておくと、熱が出たり、
痛みが強くなったり、副鼻腔炎等の
病気になったり、年齢を重ねるほど、
治りにくく、重症化していきます。

 

 

風邪には、ビタミンCを摂取したり、
なるべく体を温めて、体の免疫力を
高める事が、風邪のウィルスに対抗する上で、
重要とされています。

 

 

私は、のどの痛みが出たり、
鼻がつまって、風邪っぽいと感じた時に、
焼きミカンを食べるようにしています。

 

 

焼きミカンは、昔からある
民間療法のひとつです。

 

 

作り方はいたって簡単で、
魚焼きグリルにミカンを入れて
皮が黒くなるまで焼きます。

 

 

ミカンは、ビタミンCがたくさん含まれていますが、
果物で水分を多く含むので普通に
食べると体を冷やしてしまいます。

 

 

そこで、魚焼きグリルで焼き温かい状態に
する事で体を冷やさずビタミンCを
とれるようにするのです。

 

 

果物ですが、焼いてみると甘みが強まり
普通に食べるよりもおいしいです。

 

 

手軽にできる風邪のひき始め対策なので、
一度試してみる事をおすすめします。